北陸地方の薬剤師の年収相場は?-2017年秋の最新情報

最初は年収650万円が天井なのか。5年、10年前より減っている

 薬剤師さんの働き盛りの年齢といえば20代後半から50代と、幅広いです。この中で30代半ばから50代にかけてが、結構高い年収をもらっているといえます。
 しかし、その相場も、特に2016年春の調剤報酬改定ショックで、頭打ちになっています。
 求人では、5年、10年前は、富山県で、転職直後の年収800万円、700万円というのも結構ありました。しかし、今では、ベテランで、幹部社員(エリアマネージャー)クラスで、上限700万、しかも県外への転勤あり、というのが天井になっています。石川県、福井県でも、天井は同程度です。実質は上限650万円というのが現状です。
 この中でどうしても今の職場が合わない、他の職場を探してみたいなどと考える人は、どうしたらいいのでしょう。

求人の中身が、残業代込みなのか、残業代別途なのかによっても違う

 年収頭打ち時代に、うまく転職するには、どうしたらいいのでしょうか。
 まず、年収の提示が、残業代込みなのか別途なのかによっても、年間数十万円違います。管理薬剤師もしかりです。管理薬剤師手当が込みなのか、別途なのか。
 さらに、年間休日のカウントも。水曜午後の半日休と、土曜午後の半日休を合わせて1日休みとカウントする調剤薬局も多いです。
 そのような細部を今まで以上に考えて、トータルに転職、就職を熟考する時代になっています。

昇給の有無も必須

 ある年収に達すると、昇給が頭打ちになるところもあります。また、調剤報酬の改定は2016年春のように経営にかなりのダメージを与えることもあります。
 調剤薬局の経営状態も併せ、トータルで考える必要が、今まで以上にあると言えます。

このページの先頭へ